「司法面接」子供から正確な証言を引き出す技術(7)面接の構造①準備

立命館大学教授 仲 真紀子

今回から具体的な司法面接の手法を解説する。司法面接における面接は、次のように構造化されている。

まず、(1)面接の説明をし、(2)面接での約束事を示す。続いて、(3)ラポール(話しやすい関係性)を築き、(4)出来事を思い出して話す練習をする。その後、(5)本題に入り自由報告を求める。一定の情報が得られたならば、(6)ブレーク(休憩)を取る。このとき面接者と筆記役は室外に出て、得られた情報や足りない情報をチェックし、足りない情報についてはどのように尋ねればよいかを検討する。

ブレーク終了後、面接者と筆記役は面接室に戻り補足的な質問をする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。