寺脇研の平成の教育30年史(4)教育改革国民会議


星槎大学客員教授 寺脇 研

1998年に小・中学校2002年実施の指導要領が告示され、「21世紀には大きく教育が変わる!」という機運が盛り上がってきた矢先の99年、センセーショナルな題名の書籍が次々と出版された。

『学校崩壊』(河上亮一著、草思社刊)と『分数ができない大学生―21世紀の日本が危ない』(岡部恒治ら編著、東洋経済新報社刊)である。前者は現役中学校教師が著者で、公立学校が生徒を制御できない状態になっていると訴えた。後者は大学教員らによるもので、大学生の学力が低下していると憂えていた。

また、この年の秋には首都圏の大手進学塾が「円周率が3になる」といった大規模キャンペーンを展開し、結果的に世論を大きく動かした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。