寺脇研の平成の教育30年史(7)「学びのすすめ」の余波

星槎大学客員教授 寺脇 研


 2002年4月からの新学習指導要領と完全学校週5日制実施まで3カ月を切った1月初旬、私は省内のとんでもない動きを察知した。

 遠山敦子大臣の命により、小野元之事務次官から「確かな学力」の向上を強調した通達を全国の教育委員会に向けて発出するというのである。次官通達は公文書だ。それで学力向上をうたえば、世間の学力低下論の流れに乗ってしまうことになる。4月から実施される、新しい教育課程の最終準備段階に入った学校現場が大混乱に陥るのは必至だった。バックアップしてくれているPTA組織も戸惑うだろう。

 「これはまずい」……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。