公教育の私事化(10)教育における不易と流行


東京都教委特任教授 獨協大学非常勤講師 岩崎 充益




2018年7月、経済協力開発機構(OECD)のアンドレアス・シュライヒャー教育・スキル局長は林芳正文科相(当時)に、日本の教育政策に関するレビューを手渡した。レビューは、日本の教育制度が成功している大きな特徴として、全人的な学びを効果的に行っている点を挙げている。

俳諧に「不易流行」という理念がある。全人教育はこの不易に当たるものだが、現在、日本の教育は流行に重きをおいた改革が進行している。知力だけでなく人間性の育成も目指す全人教育は、その守備範囲の広さゆえ教える側に負担を強いる。働き方改革などを受け、日本の教員は「教えること」に特化する方向へ向かっている。

著者はかつて舎監長として高校の全寮制教育に携わった経験がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。