寺脇研の平成の教育30年史(9)30年をかけた新時代への転換

星槎大学客員教授 寺脇 研

「脱ゆとり」の大合唱は、2011年4月からの小学校学習指導要領の実施が近づくにつれ、高まる一方だった。はかりで新旧の教科書の重さを比べ、どれだけ増えたかを大げさに言い立てるテレビ番組さえあった。

しかし、実施直前に起きた東日本大震災と福島第1原子力発電所の事故が、そうした空虚な騒ぎを吹き飛ばした。

思い出してほしい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。