「学級雰囲気」発達障害児が過ごしやすい教室(5)学級雰囲気の4タイプ


筑波大学教授 柘植 雅義 監修


 発達障害のある子供が過ごしやすい学級は、親和的で温かな雰囲気が醸成されている。このように、「親和的」や「温かい」という言葉で語られることが多い学級雰囲気を、客観的な数値で測定する試みに取り組んでみた。

 まず、これまでの学術研究で用いられてきた「学級雰囲気」の定義を参考に、測定するための質問項目を作成した。これらを用いて、ある地域の小学4年生を対象に調査した結果、学級雰囲気は4つのタイプに分類された。

 「タイプ1」(全体の27.0%)は、クラスの秩序が保たれており居心地が良い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。