働き方改革を巡る視座『教育学者としての問い』(5)変形労働時間制の副作用

学校の働き方を考える教育学者の会

今回の中教審答申では、学校の働き方改革を進める方策の一つとして、1年単位の変形労働時間制の導入が提言された。学校の授業期間と長期休業期間に繁閑の差があることから、業務繁忙期には法定労働時間を延長する代わりに、閑散期は勤務時間の短縮や休みのまとめ取りで教員の勤務時間を1年単位で調整しようとする、教員の勤務時間「改革」の方策である。

文科省の勤務実態調査で明らかなように、小学校で3割超、中学校で5割超の教員が、過労死ラインとされる月80時間以上の時間外勤務を強いられている。こうした実態を改善しないままこの制度を導入すれば、教員の長時間労働を固定化、恒常化する恐れが強いと言わざるを得ない。繁忙対応型の変形労働時間制は繁忙期の職務負担が大きく、肉体的にも精神的にも疲労が深くなり、かえって教員の命と健康を脅かし、生活設計にも深刻な影響を及ぼしかねない。

変形労働時間制は所定労働時間の変形にすぎず、その下でも所定外労働時間は発生する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。