働き方改革を巡る視座『教育学者としての問い』(7)ブラックバイトと教員の働き方

学校の働き方を考える教育学者の会


私は、2013年6月に「学生であることを尊重しないアルバイト」を「ブラックバイト」と名付けた。

ブラックバイトという学生の働き方は、職場での不当な扱いに加えて、学生であることを尊重しないが故に、大学での学びや充実した学生生活を奪う点で大きな問題がある。ブラックバイトを当然視したり受け入れたりすれば、ブラック企業を温存させることにもなる。これは、卒業後に労働者全体の働き方を劣化させることにもつながる。

ブラックバイトやブラック企業をなくしていくためには「労働法教育」が大切である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。