セルフマネジメントの時代~生徒のライフデザイン力を育む(2)「自分自身を知る」ことから


プロジェクトイニシアティブ代表取締役 藤田 勝利

私は2002年から2年間、米クレアモント大学院大学のドラッカー・スクールと呼ばれる小さな経営大学院で学んだ。スクールの創始者であるピーター・ドラッカーが、初めて学生たちに話してくれた内容は今も忘れられない。

当時すでに93歳と高齢だったが、リーダーとして活躍することを目指す学生に、第一声で「Remember who you are. Take your responsibility.(自分が一体何者か、常に思い起こしてほしい。そして、その答えに自分自身で責任を持つことだ)」と語り掛けたのだ。

当時の私はこの言葉の意味を理解できなかった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。