クオリティ・スクールを目指す(150)社会情動的スキルの世界

eye-catch_1024-768_takashina-school
教育創造研究センター所長 髙階玲治


スキルがスキルを生む学び

わが国の学力は、OECDのPISA調査にみられるように国際比較ではトップレベルに位置している。しかし、学力のみでは十分ではない。日本人の傾向として勤勉で礼儀正しい国民性を持つが、自尊感情や自己肯定感などは劣っているとされる。若者の「自己評価」の低さはさまざまな調査にみられることである。

そこで、自立のための教育など、そうした課題を解決する教育の在り方が必要だが、これまで十分ではなかった。

しかし最近、幼児期から必要な教育として「非認知能力」の育成が急激に話題になっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。