校長としての心構え(12)責任を取ることの大切さ


元東京都立西高等学校長 石井 杉生



この大切シリーズの第2回で「判断することの大切さ」を書いたが、「判断すること」と「責任を取ること」はいわば表裏一体の関係にあると思う。

都立高校改革とは、判断することと責任を取ることを一致させるための施策と捉えてもよいと思う。

それ以前学校では、判断する者と責任を取る者とが乖離(かいり)していた、というより、責任を取れない者が判断をしていることが多かった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。