【校長としての心構え(13)】夢を持つ大切さ その1

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え

望めば実現する可能性も皆無ではない

理想の管理職像は
「夢を持つ大切さ」とはいかにも学校向きのタイトルで恐縮だが、学校に限らず組織を経営する場合には、夢や理想を持ち、それを機会あるごとにメンバーに示すのはとても大切だと思う。

私の理想とする校長像は、日ごろはあまり指示を出さずに、教員たちの活動を寡黙に見守っているタイプ。時々夢のような話をする。

当初、教員は「校長は何を夢のような話をしているのだ」と相手にしない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。