クオリティ・スクールを目指す(154)地域のお年寄りに絵手紙を

eye-catch_1024-768_takashina-school
教育創造研究センター所長 髙階玲治



中学生が自己成長を目指して

千葉県いすみ市立岬中学校は、たびたび新聞に紹介されている(毎日、読売、千葉日報など)。そのわけは、生徒会が中心になって、年末に地域の一人暮らしのお年寄りに絵手紙を手渡す取り組みを行っているためである。

その取り組みにより、小中高校生が自ら設定した目標に挑戦して、どれだけ成果を上げたかを競う「チャレンジカップ2017」(日本チャレンジ教育協会主催)でみごと最優秀賞に輝いている。

目標は二つあって、①お年寄りが喜んでくれること②自分たちがどれだけ成長できるかを学ぶこと――である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。