論理的思考を鍛えるアカデミックライティング(4)客観的にと言われたら


文部科学省 教科書調査官 渡辺 哲司




アカデミックライティングの本質を語る上で欠かせないキーワードの一つが「客観的」です。正確に、客観的に事実を伝える(第3回)ためには、客観的とはどういうことかを、ある程度知っていなければなりません。

客観的に書くとは、辞書的な意味はさておいて、要するに文章の外形・内容とも他者の目で見て良いように書くこと――と私は考えます。

外形が他者の目で見て良いとは、書かれた文章が、それを読む人にとって見やすく整っていること。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。