教師集団の学びとリフレクション(7)学び合いの場としての検討会


東京学芸大学教職大学院准教授 渡辺 貴裕




授業の事後検討会は、本来、行われた授業から最大限学びを引き出せるよう、授業者と参観者が互いにリフレクションを促進し合う場であるはずです。けれども、実際の検討会では、必ずしもそうなっていないものも多いようです。

先日訪れた小学校の事後検討会でのこと。参観者から授業に関してさまざまな指摘が出ます。「途中から子供たちがだれてきていた。ペア活動の時間が長かったのでは?」「子供たちが戸惑っている様子だった。先生がもう少し早い段階で整理してあげてもよいのでは?」。

授業者がそれに答えます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。