クオリティ・スクールを目指す(156)教員の高度専門性が保障されていない

教育創造研究センター所長 髙階玲治



週2時間プラスの研修確保を

OECDのTALIS2018年調査が公表され、教員の職能向上についての極めて重要なデータが示されていた(『教員環境の国際比較 OECD国際教員指導環境調査(TALIS)2018報告書 学び続ける教員と校長』国立教育政策研究所編、ぎょうせい、2019)。

「小中学校の教員の職能開発活動に使った時間」のデータであるが、それによると週当たり、日本の小学校0.7時間、中学校0.6時間であった。調査国平均(中学校)は2.0時間である。

職能開発活動の時間とは、教員の能力向上に使った時間である。それがこのように少なく最低であった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。