校長としての心構え(16)部活動を管理する重要性 その1


元東京都立西高等学校長 石井 杉生


部活動の盛んな学校


西高は部活動がとても盛んであった。新入生を迎えた4月から春の全国大会の予選が終わる6月ごろまでは、グラウンドも体育館も運動部の生徒たちであふれかえっており、特に、高校最後の大会に打ち込む3年生の熱気はすごかった。部活動加入率は100%を超えていたが、これは、二つ以上の部に加入している生徒がいるからである。

当時進学校としては珍しく、都教委から部活動推進校の指定を受けていた。毎年、どこかの部が関東大会や全国大会に出場しており、生徒会は手書きで横断幕を作って、出場を祝っていた。全国大会に出場しないまでも、都のベスト16に入っている部が多く、入試でスポーツ推薦枠を持たない高校としては際立った成績であった。

西高が関東地区の高校のアメフット発祥地であることから、歴代校長は全国高等学校アメリカンフットボール連盟の会長に就いており、私も務めていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。