教師集団の学びとリフレクション(14)授業の背後にあるストーリー


東京学芸大学教職大学院准教授 渡辺 貴裕




授業検討会は、基本的に1単位時間の授業を対象に行われます。しかし、当然ながら、子供や教師はその時間のみ切り離された形で学習を行っているわけではありません。これまでの授業(や授業外)からなる、より大きな流れの中で、その授業に臨んでいます。

本連載では、検討会において、授業中に起きた出来事を大切にして振り返りを進めることの重要性を述べてきました。けれども、それは、その学級の子供たちと教師のこれまでのストーリーに目を向けなくてよいということではありません。むしろ逆で、そうしたストーリーと結び付けながら授業中の出来事を捉えていくことが必要です。

公開研究発表会で見かけた例を2つ紹介します。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。