教師集団の学びとリフレクション(15)プロジェクトとしての授業検討会


東京学芸大学教職大学院准教授 渡辺 貴裕




授業検討会のときに、毎回、「明日の授業から使ってみようと思うこと」を最後に全員に出させて終わるようなやり方があります。やりっ放しではなく、今後に役立たせる意識で検討会に臨んでほしい、という意図のもと行われているようです。

もちろん、各自に得るものがあるように、という思いは分かります。けれども、そもそも授業の検討会は、「使ってみようと思うこと」が毎回得られるようなものなのでしょうか。

確かに、授業を見ていて、「これ、自分も使ってみたいな」「取り入れてみたいな」と思えるやり方に出合うことがあります(私もあります)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。