【校長としての心構え(18)】部活動を管理する重要性 その3

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え
関係者の多様な思い
部活動に関しては、保護者、OB・OGなどの関係者もさまざまな意見を持っている。校長に直接訴えてくるような例は少ないが、それでも「練習が厳しい」「試合に勝つためにはもっと練習時間を増やす必要がある」、時には「顧問を替えてほしい」という意見もあった。こうした意見・要望に対しては、個別、もしくは部活保護者会を開いて顧問にも同席してもらい、校長の考え方を説明した。

まず、部活動は学習指導要領上に全く規定がないこと、つまり「教員の本務ではない」ことを話した。すると、ほとんどの保護者がその事実を知らなかった。「部活動は学校の責任の下、できて当たり前」という感覚だったのだろう。

教員が異動する際、部活動の指導はほぼ考慮されないので、顧問の異動で指導者不在となる可能性がどの部活動にもある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。