【校長としての心構え(24)】授業を改善する大切さ①

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え

授業観察の実施

 今日、全国の公立学校で人事考課が実施されており、その一環として管理職による授業観察も全ての学校で行われている。東京都が全国に先駆けて人事考課制度を導入したのは2000年度だから、もう20年近く行われていることになる。

 授業観察が始まった当初は教員にも相当緊張感があったと思うが、私が校長になったときには既に導入から6年がたっており、教員側も授業を観察されるのに慣れているようだった。

 授業を評価するためには、最初から最後まで見るのが基本と考え、時間は1人50分取っていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。