【クオリティ・スクールを目指す(165)】分断・多様性社会での生きる力

教育創造研究センター所長 髙階玲治
この連載の一覧
クオリティ・スクールを目指す

英国の学校と社会に学ぶ

 ノンフィクションと言えば、衝撃の実話など記録に基づいたストリーを想像するが、2019年の「本屋大賞/ノンフィクション本大賞」はブレイディみかこ氏の『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社、2019)であった。

 日本人である著者はアイルランド人と結婚し、英国に住んでいる。息子がいる。その息子も今は中学生。小学校は地域の公立カトリック名門校に入り、児童会会長までやりながら、中学校は元底辺中学校を選択する。音楽など生徒たちの活動を尊重する雰囲気があるが、それだけに社会の影響をもろに受けるところがある。

 その英国の現状は、EUからの離脱問題が分断を生んだだけでなく、貧富の差や人種差別、ジェンダーなどの分断が起きていて、毎日が事件の連続である。暴力や窃盗もある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。