【校長としての心構え(25)】授業を改善する大切さ②

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え
生徒の立場で授業を受けると、面白いことに気が付いた。生徒は、私が参観している授業が自分の得意な科目であれば、私に対してニコニコしている。場合によっては「校長先生も大変ですね」と慰めとも心配ともつかない言葉を掛けてくれる。

ところが、自分が不得意な科目だといい顔をしない。私が近くに座ると迷惑そうな顔をしている。

こういう生徒こそ授業についていろいろ聞くのに適している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。