【令和時代の扉を拓く(10)】2030年―学校はどう変わるか

教育創造研究センター所長 髙階 玲治
全ての子供にタブレットやパソコンを無償提供することに文科省もいよいよ乗り出すことになった。Society5.0の胎動である。近未来において教育はどう変わるであろうか。

新学習指導要領全面実施という2020年を迎えるが、Society5.0の動きは急激に進むと予測される。すでに23年をめどに遠隔教育が実現しそうである。そうした教育改革のうねりをどう考え、そこからどう備えるべきかを学校は問われるようになる。

Society5.0はAI時代そのものと言えるが、それによって学校教育がどう変わるか、その理解を通して今から何を備えるべきかは、学校や教師が十分理解しておくべきことである。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。