【校長としての心構え(26)】授業を改善する大切さ③

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え
分からないところが分からない
生徒の立場で授業観察をするようになって、いろいろなことに気付いた。私自身が感じ取ったこともあるが、今回は生徒の言動から気付かされたエピソードをいくつか紹介しよう。

「授業が分からなくて先生にそう言うと、必ず『どこが分からないの』と聞かれる。でも、どこが分からないか自分で分かっていれば、先生に言わないと思う」

勇気を出して「分からない」と教員に質問したのに、「〇〇が分かりません」と具体的に説明できなければ口にしてはいけないのか、というのが生徒の本音だと思う。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。