【校長としての心構え(29)】人材育成の大切さ①

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え
教員はいつ成長するか
民間企業を対象とした経営書を読むと、よく「人材育成は管理職の一番大切な仕事である」と書かれている。学校でも民間企業と同様に、人材育成は大切である。しかし、管理職に育ててもらった記憶はあまりない。

若い頃に在籍していた学校には多くの尊敬できる先輩がいて、いろいろ相談に乗ってもらったり、指導をまねしたりもした。しかし、まだ人事考課制度が導入されていなかったこの頃、管理職、特に校長と1対1で話をする場面はほとんどなかった。

自分自身が教員をしていて、大きく成長したと思えたのは、初任の1年目と、初めて学級担任として過ごした3年間、次の学校に異動した1年目の3回である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。