【クオリティ・スクールを目指す(171)】異常事態の教育課程経営

教育創造研究センター所長 髙階玲治
この連載の一覧
クオリティ・スクールを目指す
子供の実態への取り組みが基本
今年の小学校の新年度入りは異例だった。新教育課程の実施によって教科書が変わり、年間指導計画作成は新たな構想が必要だった。2年間の移行期間に新しい体制づくりを進めていたであろうが、新型コロナウイルスの影響で3月初めから休校となり、4月始業どころか5月初めまで延びた学校も多い。

特に今年は改訂年度であって、教科書は1割程度内容が増えたとされる。「主体的・対話的で深い学び」が示され、子供の学習活動が増加することから学習内容を縮減しない限り授業時数が不足する事態が予測されていた。また、英語科やプログラミング教育の新規導入などもあって指導体制は困難度が増した。

さらに新教育課程は①教科横断②各種データの収集とPDCAの実施③地域の人的・物的資源の活用――が強調されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。