【校長としての心構え(33)】人材育成の大切さ⑤

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え
経験を超えるもの
私はこれまで、「失敗を責めない文化」と「個人が目立つ文化」を醸成することによって、人材を育成しようとしてきた。これら2つの文化の根底にあるのは、経験することによる成長への期待と言ってよいであろう。

いろいろなことを経験すればそれだけ学ぶことが多く、成長していくだろうという考えである。しかし、社会人に対し「とにかく経験すればよい」という人材育成策だけでは心もとない。そこで、経験とは別に何か人材育成の視点がないだろうかと考えた。
決定に責任を持つ文化
赴任当時、「このことを誰が決めたの?」と尋ねると、よく「学年会で決めた」とか「委員会で決めた」という答えが返ってきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。