【校長としての心構え(34)】人材育成の大切さ⑥

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧
校長としての心構え
(その5からのつづき)
異動も自己決定
そこで、まず「自分のことは自分で責任を持って決める」ということを体験してもらうことにした。当時、都の「進学指導重点校」と「進学指導特別推進校」の計12校の教員異動には、公募制が採られていた。進学指導に熱心に取り組みたい教員に、都教委が行う公募に応募してもらい、12校の校長が面接をして、その中から自校にふさわしいと思う教員を採用していく制度で、数年前から始まっていた。

もし、私の学校経営方針が自分の考えと一致せず、「このような学校では努力することに抵抗感がある」という人がいたら、異動の希望を出してほしいと頼んだ。また、できるだけ意に沿うような異動ができるよう、校長として努力するとも伝えた。

反対に、異動希望を出さない人は、私の経営方針に賛同してくれたものと考えると話した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。