【クオリティ・スクールを目指す(179)】GIGAで教室が狭くなる

教育創造研究センター所長 髙階玲治
この連載の一覧
クオリティ・スクールを目指す
教師の遠隔研修を早急に
子供が帰った教室を、学級担任が一人で黙々と掃除をし、そのあと一人一人の机や椅子などを消毒用の雑巾で丁寧に拭いていた。疲れがたまっている様子だった。だが、その後も、明日の6時限ある授業の教材研究や与えられた事務的な仕事をこなす必要があった。

コロナ禍は教師に一層のストレスフルな状態をもたらしている。いつまで続くであろうか。

そこで改めて35人の整った教室の机の並びを見渡してみる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。