【クオリティ・スクールを目指す(182)】子供の感染、なぜ少ない

教育創造研究センター所長 髙階玲治
この連載の一覧
クオリティ・スクールを目指す
過度に恐れず対策を
最近のコロナ感染者は徐々に少なくなりつつあるのだろうか。

しかし、世界的にみると終息の気配はない。米ジョンズ・ホプキンス大学の「世界各国のコロナ感染者数(死亡数)」(日経新聞)を毎日見ているが、世界全体で感染者は1日二十数万人増加し、総数が3000万人を超えた。死亡数も100万人に迫ろうとしている(9月20日現在)。

このような世界的なコロナのまん延の中で、不思議なことに子供の感染者数が極めて少ない、と言われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。