【クオリティ・スクールを目指す(183)】進度にこだわる教師たち

教育創造研究センター所長 髙階玲治
この連載の一覧
クオリティ・スクールを目指す
子供の学びが無視される
やはり心配だったことが起き始めた。休校で大幅な遅れとなった学習内容だが、今年度中に取り戻すことは不可能なことから、2年先までの指導で埋め合わせるとされた。

しかし、教師の中には子供の理解はそっちのけで、ひたすら進度のみを気にしている教師がいるという。

「先生一人で授業しているみたい」と、子供が言うほど「高速」で進む授業がみられると琉球新報(9月18日)は伝えている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。