【クオリティ・スクールを目指す(184)】日本型学校教育とは何か

教育創造研究センター所長 髙階玲治
この連載の一覧
クオリティ・スクールを目指す
国際的に高い評価とは言うが

中教審の答申『「令和の日本型学校教育」の構築を目指して』の中間まとめを読んだ(初等中等教育分科会)。

何よりも注目されるのは「日本型」とされる学校教育である。簡単にいうと、諸外国は知育は学校だが、徳育は教会や家庭などで、体育はスポーツクラブなど主に地域で育成されるが、日本はそれら全てを学校が担うとされる。つまり、日本の教員は、教科指導、生徒指導、部活動指導などを一体的に行っていて、それが国際的にも高く評価されているとされる。

教育実績も高い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。