肢体不自由生徒の観点から見る~高校の特別支援教育(3)特別支援教育支援員に迷い

横浜国立大学教育学部博士・高野陽介





肢体不自由生徒が高校生活を送る上で、日常生活(食事、排せつ、教室移動の補助など)や学習面のサポートを誰が担うかは大きな課題になる。特別支援学級や通級による指導の対象者が増加しており、通常学級に在籍し発達障害のある生徒への教育的対応も一層求められている。これらを背景に、教員のマンパワーだけでは十分な支援が困難な場合も多くなっている。

特別支援教育支援員の活用は、教員の心理的、身体的な負担を軽減する。肢体不自由な生徒の障害に応じた適切な教育を施す上でも一層重要になっている。当事者側も学校側も肢体不自由者の高校進学を推進するために不可欠な支援だと考えている。

特別支援教育支援員の活用には、さまざまな課題もある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。