【校長としての心構え(21)】自校の課題を分析する大切さ③

元東京都立西高等学校長 石井 杉生
この連載の一覧

職務論文に合格したのに

東京都の公立学校の現職校長は全員職務論文に合格している。したがって、誰もが自校の課題を深く分析しその分析に正対した解決策を提案できるはずである。その手法を習得しているという判断あっての合格なのだ。

しかし、アドバイザーとして訪問した都立高校で話を聞いてみると、残念ながら、習得したはずの解決手法を示してくれる校長はそう多くない。課題に対して選択した解決策はむしろ非常にありきたりで、どこの学校にでもありそうなものしか出てこない。

それでも、校長の職務権限が確立したいま、校長として決定を下せばその解決策が実行されるが、中には納得していない教員もいて、熱心に取り組もうとしない。

結果、なかなか成果は表れず、校長の異動時に取り組みを中断してしまう学校も少なくない。「職務論文に合格したのだから、自校の課題は解決できるはず」と言っても、論文と現実は違うという顔をされる場合が多い。

深い洞察から生まれる解決策

とはいえ、中には職務論文で培った経験を生かして学校改善に取り組み、着実に成果を上げている校長もいる。進学指導を学校の中心課題としたある中堅校のケースを紹介しよう。

課題を分析した結果、「真面目で素直な反面、強い意志を持続できない傾向がある」自校生徒の性質に気付いた。つまり「〇〇大学を目指して頑張ろう」と固く決意しても、努力を積み重ねていく中で、その強い気持ちが持続できないのだ。そこで、この学校では二つの取り組みを実施することにした。

一つは自己管理用の手帳の活用である。学校独自の手帳を製作して生徒に携帯させ、日記のように活用することで決意を途切れさせないようにした。もう一つは、外部模擬試験結果を返却する際の声掛けである。

試験の結果は生徒の気持ちを大きく左右する。そこで、外部模擬試験の結果を返却する際、成績別に生徒をグループ分けし、それぞれに課題を明確に自覚させる言葉掛けをした。

定期的に実施される試験をカンフル剤にして、忘れかけた決意を生徒に思い起こさせる指導を徹底したのである。さらに、学校全体で勉強に取り組む雰囲気をつくり出すために、定期考査後、予備校の講師による授業を実践した。

こうした取り組みの結果、この学校は進学実績が大いに向上しただけでなく、教員も含め校内が明るく活性化した。

また、別のある学校は、遅刻する生徒が多く、服装や行動も乱れがちで、地域から迷惑がられる存在になっていた。

この状況に対し校長は、生徒たちのプライドと学校への帰属意識を高める必要があると考えた。自ら学校内外で活躍している生徒たちの写真を撮影し、校内一面に掲示したほか、部活動の成果も大きく校内にアピールした。また「場を清め、時も守り、礼を尽くす」という言葉を生活指導の柱にして、あいさつ指導、遅刻指導、清掃指導を徹底した。

当初はいろいろ苦労もあったようだが、根気よく指導を続け、最近では先輩の生徒が後輩に学校の特色としてこの言葉を伝えるようになったのだという。言葉が生徒たちの心に誇りを与えたからこそ、彼らは自ら使い始めたのだろう。

今や生徒たちは基本的な生活習慣を身に付け、地域から信頼される学校になった。さまざまな地域行事にも誘いがかかるようなり、それがさらに生徒たちの自覚を高めるという、プラスのサイクルになっている。共に課題の分析が成功した例である。

この連載の一覧