ザッツ・アクティブ・ラーニング 2

一昨年、文科相が中教審への諮問で、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習、いわゆる「アクティブ・ラーニング」が必要と表記し、一躍注目された。いわば授業改革のキャッチフレーズといえる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。