「すごい、海の中みたい!」――。見慣れた体育館に広がるいつもと違う光景に、子供たちから歓声が上がった。暗幕で外の光を遮り、ライトを照らして海底から見た光を再現。奥には30人以上を収容できるドームを設置し、周囲をCGで作り出した魚が泳ぐスクリーンが取り囲む。 東京都渋谷区の「理数教育重点校」に指定された区立鉢山中学校(柏一郎校長)で9月14日、VR(仮想現実)を用いて海を学ぶ新感覚の体験型イベント「解るVR/海といのちのENDLESS CHAIN」が開催された。……

愛知県碧南市は9月13日、市内の全小中学校12校に携帯型翻訳機を配備すると明らかにした。近年急増している外国籍の子供らと教職員のコミュニケーションを円滑にするのが狙い。9月の補正予算案に盛り込み、11月をめどに各校へ1台ずつ配る。 市教委によると、児童生徒の給食時間や登下校時に、翻訳機を使い簡単な事務連絡を子供本人や保護者と交わす場面を想定している。……

文科省は9月13日、2017年度の「先駆的家庭教育支援推進事業」の成果報告書を公表した。ひとり親家庭や貧困家庭への支援員訪問が、不登校の対応や家庭学習の促進を含む家庭教育の支援につながった2府4県の事例を取り上げた。 生活保護率が全国で最も高く、就学援助率の高さも2位を記録した大阪府では、家庭における子供の学習格差・読書格差が深刻な問題となっている。……

ヤマハ・ミュージック・ベトナムは9月14日までに、ハノイ国立教育大学と楽器を使った指導法に関する教員養成講座を開講することで合意し、覚書を締結した。同社は、総合楽器メーカー、ヤマハのベトナムにおける販売子会社。2019年にベトナムの学習指導要領が改訂されることから、実際に楽器を演奏することで音楽を学ぶ「器楽教育」の普及を目指す。 覚書によると、今年12月までの間、ハノイ国立教育大学に器楽教育の指導法に関する授業を開講する。……

東京都内の公立中学校の1割で、避妊法や人工妊娠中絶など、学習指導要領に示されていない内容を含む性教育の授業を実施していることが9月13日、都教委の調査で分かった。同日開かれた都教委の第14回定例会で報告された。学校からは性教育の授業に医師ら外部講師の派遣を求める声も多く上がった。 調査は義務教育学校や中等教育学校を含む都内の全公立中学校624校の校長を対象に、8月に質問紙を配布した。……

最大震度7を観測した北海道地震の発生から9月13日で丸1週間となった。北海道庁の同日午後5時半現在のまとめによると、死者は41人、負傷者は681人に上った。住宅被害は420棟以上に達し、1474人が避難生活を強いられている。一部の公立学校では臨時休校が続く。 道庁によると、13日の臨時休校は震源地に近い公立学校14校で実施され、内訳は小学校6校、中学校5校、高校3校だった。……

厚生労働省が先日公表した2017年度の中高生の飲酒・喫煙実態調査の結果によると、酒を飲んだ経験のある中学生は16.2%(男子17.1%、女子15.3%)、高校生は29.4%(男子30.3%、女子28.5%)いることが判明した。また、紙巻きたばこを吸った経験のある中学生は2.6%(男子3.1%、女子2.1%)で、高校生は5.1%(男子6.9%、女子3.3%)であった。 8年前の12年度調査では飲酒経験が中学生36.3%、高校生53.9%、喫煙経験は中学生8.7%、高校生16.0%であったので、大幅に減少している。行政指導による自動販売機の規制や店頭販売での年齢確認、販売に関わる従業員研修の徹底に加え、マスコミの注意喚起、医療機関や保健所など関係機関による指導と、社会を挙げての取り組みが功を奏したといえよう。何より、学校における指導が最も効果的だったのではないか。 飲酒・喫煙が未成年者に与える影響は計り知れない。……

あるテレビ番組で、子供に代わって業者が宿題をする「宿題代行サービス」が取り上げられていた。恥ずかしながらこうしたサービスの事情に疎く、その盛況ぶりに大変驚いた。 サービスを利用したことがある保護者に多くみられるのは「塾や運動など、宿題よりも優先させたいことがある」「宿題を見てあげる時間が取れない」といった意見だ。反対意見で圧倒的に多いのは「自分でやらないなら宿題の意味がない」というもの。 ツイッター上でも賛否両論の声が飛び交っている。……

敬愛大学国際学部教授・教職センター長 向山 行雄

スポーツの秋。各地で運動会の練習が真っ盛り。東京オリンピックまで2年足らず。 2020年6月20日は新学習指導要領準備の折り返し点。この日前後に、各学校が業者に発注した通知表が届く。それまでに、各教科等で育成すべき資質・能力について、学年ごとに明らかにする。評価規準を作成し、保護者に説明し理解を得ておく。――聖火リレーが東北の被災地を回っている頃。 準備のゴールは7月20日。……

長崎県は、離島の数が日本一の都道府県である。離島では、これまでもさまざまな遠隔地と結んだ教育の取り組みが行われてきた。行政無線などを使った広域教育工学総合システムのNIGHTシステムは、昭和40年代に誕生。遠隔地との教育の礎を築いた。人口減少社会の中、離島の小規模学級を含んだ全ての子供たちに「主体的・対話的で深い学び」を実現する遠隔合同授業が求められている。 そこで今回は、長崎市の小学校同士をつないだ遠隔合同授業の取り組みに触れたい。 同市には、世界遺産の端島(軍艦島)がある。……

公式SNS

16,243ファンいいね
0フォロワーフォロー