冬休み中にLINEで早寝呼び掛ける 大阪市淀川区

大阪市淀川区は冬休み中に、「LINE」を活用して睡眠啓発やスマホの使用切り上げを子供たちに呼び掛ける「がんこおやじ 夢さんのLINE夜回り」を行う。

LINEのトーク上にオリジナルキャラクター「がんこおやじ 夢さん」が登場。友達登録した人に、なまはげに扮した夢さんが「夜ふかしの子はいねがー!!」と言い、夢さんの助っ人・ふとんマンが「俺はふとん 今すぐお前を抱きしめたいぜ」と呼び掛ける。そして「要するに言いたいことは、やっぱり冬休みも はよ寝んかい」と早寝を促す。

同区では、子供の就寝時間の目安として「すいみんのオキテ」を設定。就学前と小学校1・2年生は午後9時として、小3・4、小5・6で30分ずつ遅くしていき、中学校1・2年生では午後11時としている。そのため、LINEの配信時間は、期間中の午後9時。配信期間は、冬季休業中の12月23日から1月9日まで。

同区では今年度、大阪市立大学と連携し、区を挙げて子供の睡眠・スマホ習慣の啓発に力を入れている。

あなたへのお薦め

 
特集