第9回ESD大賞の実践紹介 グローバルキャリア人の育成目指す 「地球の安全保障」をテーマとして

神戸大学附属中等教育学校は、「グローバルキャリア人」育成を教育目標に掲げ、地球的諸課題を踏まえながら国際的に活躍・貢献できる生徒の育成を目指している。ESDは教育目標を達成する上で重要な柱であり、次期学習指導要領でもその実践が強調されていることから、中高一貫教育の全教育課程(教科、総合学習、特別活動、課外活動等)に位置付け、教育改革の原動力として取り組んでいる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。