健康教育を核にESD推進 日々過ごすことに前向きな気持ちを

第8回ESD大賞の実践紹介 ネスレ日本ヘルシーキッズ賞・東京都目黒区立田道小学校


環境教育と国際理解教育を

この賞は、「食育や栄養教育と運動の実践を通じて持続可能な社会を担う子供たちの健康を育てる優れた実践研究」に贈られるもの。
[caption id="attachment_91211" align="alignright" width="300"] 運動会では全校で田道小体幹体操を行った[/caption]
 東京都目黒区立田道小学校は、「食・栄養・健康」を核にした健康教育に全校挙げて組織的・計画的・継続的に取り組んでいる。自ら健康づくりに励む子の育成を目指す活動として、養護教諭と担任の連携による食の指導、ペースランニングや田道小体幹体操などによる健康づくり、パラリンピック出場選手との交流学習などを行っている。

 同校の周囲は住宅街であるが、近くには都内有数の桜の名所である目黒川があり、地域の歴史や環境問題を考える題材にもなっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。