未来をともに生きる力の育成 自分の考えをもち、広げ、深める

愛知県豊田市立藤岡南中学校

▼本校の教育目標

「ともに生きる」本校は、開校8年目の新しい学校である。校訓「ともに生きる」の精神の下、開校以来、ボランティア活動や地域連携に力を入れてきた。地域と合同で行う防災フェスタや文化祭と共同で開催する藤岡南フェスティバルへの参加、地域での清掃活動、福祉施設でのボランティアなど数多くの活動を実施してきた。
▼研究推進について

本校では、昨年度、豊田市教育委員会から、学習指導の研究委嘱を受け、日々の授業改善に取り組んでいる。早稲田大学教職大学院教授の田中博之氏を研究講師として招き、アクティブ・ラーニングの視点を生かした授業実践を積み重ねている。主体的・対話的で深い学びのある授業づくりをするために、教科ごとで県内各地の先生方の教えを請い、教職員間で議論を重ね、授業改善に取り組んでいる。
▼「深い学び」のある授業を目指して

特徴的な活動としては、「深い学び」を生み出すための11の手法がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。