活躍する退職校長会 VerⅡ 子ども、教師、地域を支える(7)新潟県公立学校退職校長会

教育支援を中核として活動


1. 本会の概要

 新潟県公立学校退職校長会は、1965年1月に、県内各地から教育の振興を願い・期待する百余名の小・中・高校の元校長が新潟市に集まり、結成されました。同年6月に全国連合退職校長会に加盟し、全国組織と連携した活動を展開しています。2014年には創立50周年を迎え、記念式典を挙行し、記念誌を発行しました。17年現在29支部、会員数2651人の組織です。

 本会の特徴的なこととしては、毎年開催している県総会があげられます。上、中、下越3地区持ち回りで、全会員の約1割の会員が各支部から参加しています。17年度は第53回総会で277人が参加しました。総会の後には参加者全員で懇親会を開き、全県の会員同士の交流と親睦、そして絆を深めています。

 本会では「新潟県教育の振興に寄与すること」を目的とし、中心的な活動目標に教育支援を掲げています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。