第10回を迎えるユネスコスクール大会

成果と実践を学び合う パネル、分科会の内容を紹介

 第10回ユネスコスクール全国大会(主催・文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、共催・NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム、後援・教育新聞社ほか)の開催がいよいよ間近に迫った。記念すべき第10回大会で特に注目されるパネルディスカッションおよび分科会の内容について紹介する。

 今大会は12月8日、横浜市の同市立みなとみらい本町小学校で開かれる。今回の大会テーマは「未来はワタシたちを待っている―ESDで育てる児童生徒、教師、そして学校、地域社会」。

 これまでの全国大会では、ESD推進のためにこれらのユネスコスクールがどのような役割を果たせばよいかを命題として追求してきている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。