6月18日朝に発生した大阪府北部地震で、同府高槻市立寿栄小学校の女子児童が、倒壊したプールのブロック塀にはさまれて死亡した事故を巡り、過去に校長が市教委に対し、ブロック塀の危険性を報告していたことが分かった。林芳正文科相は6月22日の記者会見で「事実関係や経緯をよく確認したい」と述べた。 寿栄小の田中良美校長が事故の起きたブロック塀の危険性を市教委に報告したのは2016年2月頃。……

政府は6月22日、登下校時の安全確保に関する関係閣僚会議を開催し「登下校防犯プラン」を決定した。全国の小学校の通学路を9月末までに緊急点検し、危険な場所の洗い出しと重点的な見守りなどの再発防止策につなげる。 会議では、防犯ボランティアの高齢化や担い手不足により、不審者が身を潜めやすい場所や児童が一人になる「見守りの空白地帯」が生じると指摘。……

少子化と教員の志望者減少で高校生をやむにやまれず青田買いへ――。奈良県教委は6月15日、小学校教員を目指す県内の高校生を6年間継続して育成する「県次世代教員養成塾」を今年10月に開設すると発表した。全国で初の試みという。県教委と県内の6大学が連携し、資質・能力を育成するプログラムを継続的に実施することで、小学校教員としての人間力や情熱、指導力を早期から養うのが目的。 連携する大学は▽奈良教育大▽奈良女子大▽帝塚山大▽畿央大▽奈良学園大▽大和大――となる。……

長崎県であった全九州高校大会のバスケットボール男子準決勝で、延岡学園高校(宮崎県延岡市)1年生の留学生が審判員を殴打したのを受け、佐藤則夫校長が6月18日、記者会見を開き、「誠にゆゆしき事態。絶対にあってはならないことであり指導力不足で多くの方にご迷惑をお掛けした」と謝罪した。 宮崎県バスケットボール協会の北郷純一郎会長は17日、「負傷された審判員の一日も早いご回復を願うとともに、ご家族、関係各位に対し心よりおわび申し上げます」とする謝罪文を公表した。……

EXILEのTETSUYAさんが6月20日、長野市立東部中学校3学年の選択科目「ダンス授業」を見学、教員らと意見交換した。見学後に「これから新しい授業モデルを形にして普及し、皆さんのお手伝いとして役立てられれば」と語った。 TETSUYAさんは2018年3月に早稲田大学大学院スポーツ科学研究科(社会人修士課程1年制)を修了。……

若年層の死因で最も多いのは自殺で、死亡率は他の先進国と比べて高いことが、厚労省が6月19日に公表した「自殺対策白書」で分かった。15~39歳までのどの年代においても自殺が死因のトップとなっており、同省は「深刻な状況」と警鐘を鳴らしている。 白書によると、全体の自殺者数は2010年以降減少を続け、17年は2万1321人(前年比576人減)となった。……

女性の教育委員が都道府県、市町村で4割を占め、過去最高となったことが、6月21日に文科省が公表した地方教育費・教育行政調査(中間報告)で明らかとなった。学校教育費は3年ぶりに減少に転じた。 2016年度に支出された地方教育費の総額は16兆542億円で、前年度より0.9%減少した。……

東京都目黒区で5歳の女児が虐待死した事件を受け、NPO法人や学識経験者、文化人らによる「なくそう!子どもの虐待プロジェクト2018」が設立された。同プロジェクトは6月21日、都内で記者会見を開き、児童相談所の強化や義務教育段階での性教育の実施など、包括的な児童虐待防止策を提言した。同プロジェクトが14日からインターネット上で実施している署名活動では、すでに約10万人の署名が集まっており、近く加藤勝信厚労大臣や小池百合子東京都知事に提出する。 同プロジェクトは児童虐待を防止するために必要な方策として▽児相の人員の大幅増と常勤弁護士の設置▽警察と児相の情報共有や通告窓口の一本化▽親権停止の積極的行使、「介入」と「支援」の部署を分けるなどの児相の組織改革▽一時保護所、里親、特別養子縁組の拡大・支援▽児相へのITシステム導入による情報共有の円滑化▽特別区、中核市への早急な児相設置▽若年妊娠のリスクや子育てについて早期に知るため、義務教育段階での包括的な性教育の実施▽児童虐待防止対策への十分な予算の確保――を掲げた。……

日本マイクロソフトは6月20日、教育分野における方針と施策を発表した。コミュニケーション力や協働し合う力など、児童生徒が21世紀の国際競争社会を生き抜いていくために必要な六つの力「Future-ready skills」を定義し、ルーブリック化。ルーブリックを活用した児童生徒のスキル取得支援プロジェクトや教育者支援プログラムの提供、教職員の働き方を「見える化」するソリューションの提案を打ち出している。 「Future-ready skills」は▽議論しあう力▽協働しあう力▽疑問を逃さない思考性▽創造性▽好奇心▽計算論的思考――の六つの力で構成される。……

中教審の「学校における働き方特別部会」は6月20日、第14回会合を都内で開いた。養護教諭の勤務状況の課題点が指摘された。 日本学校保健会の弓倉整事務理事が、養護教諭の業務が多様化している現状を説明した。……

公式SNS

15,697ファンいいね