保護者に理解と協力求め案内文 教員の長時間勤務を改善

横浜市教委が「保護者の皆様へ」として、1通の案内文を作成し、学校に配布。この3カ月ほどの間に、各学校の判断で、保護者に配られている。内容は、市内教職員の長時間勤務の実態とその改善策として導入する「定時退勤日の設定」などに理解を求めるもの。これをきっかけに、PTAから、学校環境の整備などで協力するとの好意的な声が寄せられているという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。