「考える道徳科」で教科書基準 多面的多角的を重視

新しい教科の道徳科が今年度から小・中学校で一部あるいは全部を実施するのが可能となっている。これを受け、文科省の教科書用図書検定調査審議会は7月23日、「特別の教科 道徳」(道徳科)の教科書検定基準に関する報告書をまとめた。多面的多角的な考えを重視し、「考える道徳」となる基準を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。