既卒者の夜中入学認める 文科省が「考え方」を通知

さまざまな理由により不登校で長期欠席をしたにもかかわらず卒業させられた学齢期を超過した形式卒業者が、中学校夜間学級で学び直しができるよう、文科省は「考え方」を示した。7月30日には、各都道府県・指定都市教委教育長に、通知を発出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。