全国知事会が要望書 文科省に教職員拡充求める

要望書では、平成28年度の概算要求で、教職員の加配定数を拡充することを訴えた。また財務省の諮問機関である財政審が公立小・中学校教員4万2千人の削減案を打ち出したこともあり、「財政的観点から合理化を行うのではく、地方の教育現場の実状を十分に踏まえた新たな教職員定数改善の策定」を求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。