9月1日の自殺が突出 「生きるために逃げて」と専門家

2015年8月24日号掲載

年間で子どもの自殺が一番多いのは夏休み明け――。内閣府の調査でそれが明らかになったとして、不登校の子どもたちを支援するNPO法人全国不登校新聞社(東京都)が8月18日、記者会見を開き、「学校から逃げていいんだよ」と呼び掛けた。また同日には、新学期が始まるのを前に「明日学校に行きたくないあなたへ」と題して緊急号外を発行した。

号外では、夏休み明けに、いじめに遭って学校に行けない子どもたちの自殺が多いことから、「自分自身を追い詰めないで、生きるために逃げるのです」とメッセージを寄せた。

内閣府が6月に公表した「自殺対策白書」では厚労省の「人口動態調査」を基に、18歳以下の子どもの自殺を、昭和47年から平成25年まで、365日ごとに初めて集計した。

それによると、この42年間で、18歳以下の小・中・高校生1万8048人が自ら命を絶っており、休み明けの9月1日が最も多く131人となっていた。次いで4月11日99人、4月8日95人、9月2日94人と、長期の休み明けや年度始め、新学期に多い。

こうした実態を受けて文科省は8月4日、都道府県教委に向けて通知を発出し、児童生徒の自殺予防のために、法に基づく組織的な対応の点検を求めた。

記者会見に出席した同新聞社の代表理事で、フリースクールを運営している奥地圭子さん(74)は「いじめに遭っても、学校に行かざるを得ないと思い込んでいる子どもたちは多い。それは生き地獄だ。『逃げていいんだよ』と教える必要がある」と訴えた。

会見に同席した恩田夏絵さん(28)は、自身がいじめに遭った経験を語った上で、「自殺を考えたことがある」と話した。自殺しようとしている子どもたちに向けては「共に生きていきたいと思える人たちに出会える。生きることを諦めないでほしい」と呼び掛けた。

同新聞は平成10年に創刊。月2回発行している。

号外版は、同社サイト(http://futoko.publishers.fm/article/9055/)で、無料で閲覧できる。
 

 

(詳細は「教育新聞」紙面に掲載)

 



▼ニュース一覧へ