9月1日の自殺が突出 「生きるために逃げて」と専門家

年間で子どもの自殺が一番多いのは夏休み明け――。内閣府の調査でそれが明らかになったとして、不登校の子どもたちを支援するNPO法人全国不登校新聞社(東京都)が8月18日、記者会見を開き、「学校から逃げていいんだよ」と呼び掛けた。また同日には、新学期が始まるのを前に「明日学校に行きたくないあなたへ」と題して緊急号外を発行した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。