学力調査で来春に限り容認へ 大阪府知事が文科相と会談

松井一郎大阪府知事が8月20日、文科省を訪れ、下村博文文科相と会談した。今年度の全国学力・学習状況調査の結果を、府立高校入学者選抜の際に、調査書の「評点平均の目安」として活用する方針を同府教委が決めたのをめぐり、活用を認めるよう訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。